top > 名刺発注サービス情報 > 名刺発注をインターネット通販で

名刺発注をインターネット通販で

インターネットの普及により、いろんな製品が簡単に買えるようになりました。
今では名刺発注もインターネット通販で行う時代です。
髪質に拘らなければ、格安で名刺を作成してくれるお店もあります。
シンプルなビジネス用の名刺や、オシャレなデザインのインパクトがある名刺まで、いろんなフォーマットで販売されています。
ほとんどの名刺発注通販がサイト上から情報を入力し、フォーマットを選んで発注することが出来ます。
特殊なタイプの名刺も数多く存在しており、名刺のサイズやデザインに拘る方が増えてきました。
顔写真入りは当たり前の時代で、中にはQRコードを入れられるタイプまであります。
薄いプラスチックの材質のものや運転免許証のようなフォーマットの名刺もあるようです。
簡単に発注出来てオシャレな名刺もたくさん出てきているので、これからもインターネット通販で発注をされる方は増えていくでしょう。



名刺発注のデメリットをメリットに変える

名刺発注を印刷専門業者に一任する消費者が増えている背景には、週末起業が関係しています。
自己表現のツールには、デジタル化した名刺も含め、加工された名刺を作成でき、個人情報の入った内容も、パスワード設定などの丁寧なやり取りで安心です。
名刺発注でのトラブルには、納期の遅れも挙がっていますが、通常、データ作成と校正確認が必要ですが、このやり取りを不要にするだけで、即日出荷・最短で翌日の納品も可能にします。
また、名刺作成をウェブ上で行うにも、初回では発注までの流れが掴めず、通信費がネックになるパターンもあります。
レイアウトを画面上で確認しながら編集から注文までできれば、作成料や通信費も抑えられます。
レイアウトも時と場合によって、バラバラになるデメリットがありますが、予め一定のルールで作成するのが印刷専門業者を介するメリットで、統一された名刺作成を操作でき、差異をなくすことが期待できます。
よくありがちな、発注先や作成担当者が異なることがないよう、レイアウトをテンプレートとして登録しておくこともポイントになります。



名刺発注をする時に気をつけること

いつも同じ業者に名刺発注をしているのなら、ただ数量と納期の確認さえすれば簡単にできます。
しかし、ここで間違えないように気をつけましょう。
特に数量を間違えてしまうと大変です。
通常、名刺は100枚1セットで発注されます。
これを1セットだけ欲しかったものが7セットというように、数字を打ち間違えたり言い間違えたりして発注してしまう人も居るかもしれません。
もちろん、腐るものではないので大量にあっても困りませんが、使い切るまでに部署が変わったり、転職したりしては無駄になってしまいます。
数量と納品日の確認は慎重に行いましょう。
一方、初めて名刺発注をする場合には業者をよく比較することが大事です。
業者によって品質も納期も異なります。
料金から比較してみるといいかもしれません。
何度も発注していると割安になることもあるので、いくつかの業者を使いわけてみるのもお勧めです。

次の記事へ

PAGE TOP