top > 名刺発注サービス情報 > 名刺発注による手間を省くデータ保存

名刺発注による手間を省くデータ保存

外注のメリットとして、名刺印刷ではデザインのみならず、数十枚からの大量生産や発注ができる点で、企業側としては、一枚当たりのコストを考えた場合に数円から数十円程度で名刺発注も可能にします。
近年では、実店舗よりもウェブサイトなどから入稿するシステムが活用され、片面モノクロなどのシンプルなものから作成してくれます。
また、名刺発注業務がシステム発注化できる点も、人為的なミスを防ぐことができ、なおかつ、ミステイクによる無駄なコストを掛けずに済みます。
例えば、一度発注した作成データをサーバーに登録するだけで、再発注時にデータの呼び出しができたり、新たにロゴや文字などの修正を加えるなど、一連のやり取りを毎回繰り返す手間までが省けます。
しかし、省くことによる難点は、新たなミスに気付かない可能性がある点で、仕上がりイメージを確認し、誤字や脱字などの印刷ミスを防ぐことが大事です。



名刺発注はネットからも可能です

最近は名刺を作成する際にインターネットから実施するケースが増えて来ています。
これは印刷会社のサイトにアクセスして行う物でして、名刺に使用する紙の種類選定や或いは印刷するデータの入力、そしてカラー印刷や白黒印刷などを選択してスピーディーに名刺作成を依頼出来ます。
これらのサイトでは24時間いつでも名刺発注が可能となっており、時間の空いた時に対応出来る点で便利です。
また印刷会社の中には一定の時間までに発注を行いますと、名刺印刷と発送を即日実施してくれる会社も有ります。
名刺作成料金はクレジットカードでの決済を始めとしまして、代金引換えや銀行振込みなど多くの方法の中から選定する事が可能です。
これらのネットでの名刺印刷を行う会社は複数ありますので、利用検討する際には比較サイトを活用して各社の特徴を把握する事も大切です。



名刺発注を業者に任せることのメリット

名刺発注では、仕様書やロゴデータ、個人や社員の情報を準備します。
名刺作成では、個人でも副業として様々なワークライフに名刺を活用し、QRコード印刷などの加工も相談されています。
コストを考え、名刺を自作することによって、時間と労力はどうしても掛かるもので、レイアウトに不慣れな場合、差し出す相手へのハイセンス・ナンセンスなどの印象に関わる問題も生じます。
クオリティーはやはり名刺発注できる業者へ一任することで、実績ある業者へ発注するメリットは、相手に何を伝えるツールとして作成したいのか、企業・法人・個人と関わる分だけ、分析力に優れています。
また、文字情報のみならず、写真やイラストを挿入するパターンも増え、本来の使い方となる名前と顔を覚えてもらうにも適しています。
発注先によって、フォントの種類もバリエーションに富んでいますが、インパクトがある分、読み取りにくさも懸念されます。
高生産性・高画質など、最先端テクノロジーによって、小文字や細線の再現性も飛躍的に向上しているのは、外注のメリットの一つです。

次の記事へ

PAGE TOP