top > 名刺発注サービス情報 > 名刺発注で気を付けるポイントは?

名刺発注で気を付けるポイントは?

名刺発注をするときには、デザインをチェックすることが大切です。その中で、一番気を付けるポイントとして、名前と社名と住所に誤りがないかを最終チェックするようにします。結構あるのが、社名で株式会社を略して書かれているということです。
会社名はとても重要なポイントであり、その部分を間違えているとその名を使うことができません。そして、名前も同じように自分のことを知ってもらうために渡すので、それが間違えていると逆効果になります。

そして、名刺発注の方法として、現在使っているものと同じレイアウトで依頼をする人が多いですが、字体やフォントサイズも見直すことが大切です。
もちろん、その会社によってレイアウトが決められていることもあり、必ず決まった位置にマークを入れないといけないという決まりがある場合には、その位置もチェックをしておきます。そして、大量に作成をするのであれば、一度完成サンプルをもらい判断をすることが大切です。
そして、注意店もあり、今まで使っていた名刺でも変更点がありこともあります。特に、一押しの商品や新製品を取り扱うようになったら、その部分も変更が必要となります。次に、用紙も薄口から厚口などがあり、それによって相手に与える印象が変わってきます。薄口は0.2mm以下の厚さで耐久性が低いのですが、パンフレットなどに挟んで大量に配ったりするときにはちょうどいいです。
そして、標準的な厚さが0.25mmほどになります。相手に渡した時もしっかりとしていて、誰に渡しても恥ずかしくありません。そして、弁護士や高級な製品を取り扱っている人では厚口の0.3mm以上のものにすることによって堅実なイメージを与えることができます。このように職業によって紙の厚さにもこだわることが大切です。

そして、料金に関しても業者の比較をして決める必要があります。会社員などは会社の経費で発注することが多いのですが、フリーランスで働く人や個人的に作るという人は、できるだけ安いところを探す必要があります。
しかも、初めから作るのであれば、デザインを決めたり校正をするための費用も必要になります。最近は、テンプレートを活用して名前や会社名などを変更するだけで完成するものもありますが、すべて込みの料金を知っておく必要があります。
特に、依頼する枚数が少ない場合や厚口の紙やラミネート加工されているものは単価が高くなるので、その点も考慮して発注をすることがポイントです。それと同時に、納期の日数も業者によって異なるのでその点も確認が必要です。

PAGE TOP