top > 名刺発注サービス情報 > 名刺デザインってどういうのがいいの?

名刺デザインってどういうのがいいの?

名刺を作るときにポイントになるのがデザインです。最近は、ビジネス以外にも趣味などプライベートでも使っている人が増えています。
そのため、今までのような硬いイメージのもの以外にも、いろいろなデザインが増えています。その中で、発注する業者によってオリジナルのテンプレートが用意されていて、好きなものを選んで編集をすることが手軽に作れるようになっています。
しかも、用途や色などで選べるところもあるので、いろいろと比較をしてみることが大切です。インターネット上では、無料で見ることができおすすめのものもあります。
ビジネスで使う名刺は色やシンプルなものが多いのですが、最近はおしゃれなものがあり紙に色がついているものなどがあります。
そして、裏表印刷ができ、表は会社名や氏名などを入れて、裏には資格や取り扱っている商品などを入れる人が多いです。最近はやっているのが顔写真を入れるというもので、もらった相手も整理がやすく重宝されています。

そして、プライベートで作るのであれば、イメージで選ぶことが大切です。女性の場合には花柄や透かしを入れることでやわらかいイメージできます。
そして、色からも選ぶことができ、印象に残したいのであれば赤や青などの原色タイプを、文字を目立たせたいのであれば黄色やピンクにすることで印象を変えることができます。これも、選ぶ項目になり多くのテンプレートから絞り込むことができます。
そして、ネット上で一からデザインを作成して作ることもできます。文字の字体を選んだり、イラストを入れたりして完全オリジナルで作成をすることもできます。もちろん、あまり慣れていない人はテンプレートを利用することによって整った名刺を作ることができます。紙の厚さや素材も選ぶことができ、ミラーコートされていて光沢のあるものから、0.33ミリなど厚鋳物などを選ぶことができます。

実際にいろいろなテンプレートを試してみて決めることと、料金もポイントになります。自分が納得した名刺が作れるのはいいのですが、料金が高いとなかなか作れます。もちろん、500枚など多く枚数を作れば単価は安くなりますが、その分費用が掛かります。
そのため、比較サイトを利用して予め絞ってから発注するところを決めるというのも手です。例えば、片面カラーで100枚作るとなると、2000円ほどでできるところもあります。もちろん、枚数を増やすことによって単価を抑えることもできます。納期に関しても早いところでは翌日にできるところもあります。

次の記事へ

PAGE TOP