top > 名刺発注サービス情報 > 名刺を渡すときの礼儀・作法

名刺を渡すときの礼儀・作法

名刺交換はビジネスの場で初めての人と顔合わせしたときに一番最初に行う大切なことです。会社員にとって名刺は社名、部署名、役職名、氏名を先方に伝えて連絡先を正しく伝え、社会人として一定の常識があるかを判断され、会社の看板を背負った立場で発言や行動を要求される一定の責任が伴います。
名刺を受け取るとき礼儀は、相手の会社のロゴや名前の上に指を置いて受け取ることはNGです。やってしまいがちのミスですが、受け取るときにはつかみ方に気を使うことは重要です。
他にも、同時に名刺を出してしまった場合には目上の相手より先に名刺を受取らないようにします。目下から目上の過多に名刺を渡します。受け取った名刺に相手の目の前でメモを書き込むことはNGです。

名刺を渡す時に気をつけることは、相手が差し出した名刺の高さより低い位置で名刺を差し出すという点です。また名刺をテーブル越しに渡さないようにし、ポケットや財布から直接名刺を出さないようにし、折れ曲がっていたり・よれよれしていたり汚れている名刺を渡さないようにします。
先方の企業に訪問する前の準備では名刺を切らさないようにし、忘れないようにすることは重要です。鞄やデスク、スーツのポケットには常に予備の名刺入れと名刺を入れておきます。名刺を忘れたり、切らしているということは絶対NGです。予備の名刺入れと名刺を入れておくことによって名刺切れを防ぐことができます。名刺が少なくなってきたらと発注するときには名刺が切れないように多めに発注しておきます。
名刺交換する前に名刺入れに入っている名刺が汚れていないかチェックすることは大切です。名刺はきれいなものを渡すようにします。名

刺は目下から差し出すことが作法です。目下とはビジネスを行う上でお金や仕事を先方からいただく立場で、複数で交換する場合には順番には注意が必要です。部長や新人など営業側に複数いる場合には、一番立場の上の人から名刺を渡していくことが作法です。名刺交換は双方が机を挟まずに行い、机を挟んで名刺を渡さないように相手の方へ移動します。
名刺を胸の高さで持って、両手を使って名刺の表面を差し出します。開いてが差し出した名刺の高さよりも低い高さにすると謙虚な気持ちを表すことができます。名刺を渡すときには社名・部署名・フルネームを名乗り、名刺をいただくときには頂戴しますと述べます。
名刺を受取ったあとは名刺入れの上に乗せて椅子に座った後にテーブルの上にのせます。もらった名刺は自分からみて左側に並べます。複数交換した場合には相手の席順で並べていきます。名刺入れには相手の中でも立場の高い人を乗せます。

次の記事へ

PAGE TOP